データ復旧の可能性



HDでパテーションを切っておくと、どんなメリットがありますか?

HDでパテーションを切っておくと、どんなメリットがありますか?
データをシステムとは別のパーティションにしておけば、
システムクラッシュしてもデータ復旧の可能性がかなり高い。

またシステムとデータやアプリケーションを分けることにより、
デフラグ防止となり、作動の安定性・軽快さを保てる。
元は同じ1ツのHDDでも、パーティションを切った段階で
各々別デバイスとして利用されるから。

PhotoshopやIllustratorのようなソフト独自の作業領域を
確保する必要ある場合、専用パーティションを用意することにより
デフラグせず快適に使えますね。

CDやDVDを焼くときも、作業ディスクを用意すれば
焼込みミス防止になり、安定したライティングが可能。

余談ですが、私の場合はユーザーディレクトリを丸ごと別の
パーティションに以降しています。(知識とTerminal触れる事が条件)
これで完璧なシステム専用のパーティションになりますから、
ユーザーディレクトリ内が更新されようが保存されようが影響なく、
いつまでたっても快適なシステムが保てるという訳です。



OSが入ったほう(通常C)のHDDがウィルスに感染したり、バグにより動作しなくなったりして、再インストールする事になってもデータが消えない。
バックアップが2重に出来る。

デメリットはHDDの容量が減る。
物理的な損傷を受けた場合は関係なくなる。

容量さえ問題なければ、やっておいて損はないと思います。

セキュリティ面で良い
1つのHDDでも2つのHDDがあるように見せられるわけだから
簡単に説明すると片方にウイルスが居てももう片方が生きてるからなんとか大丈夫
両方に画像保存しておくと片方が死んでももう片方が生きてるからバックアップになる。
ただしぶつけたりした場合は両方と逝く。

HFS+をふたつ用意すると片方をデータ保存領域、片方をシステム複製に、という使い方も。
また、パーティーションによって、フォーマットを変更する事も可能です。
つまり、FAT32形式でWin用にひとつ、HFS+でMac用にひとつ、というように。
外付け起動のできないWinではデータ保存に、Macだと外付けは起動ディスクにできるからデータ保存だけでなくシステム複製にも使える。

でもあまり細分化しすぎると大容量の意味があまりないかも?
HDDアイコンもデスクトップにずらっと並ぶとけっこう目障りだったり(^^; ←5つに分けてみた経験あり。
それに、他の方も言われるように所詮は1台のHDDなので物理的損傷では全部一蓮托生。

デメリットも考えて、HDDの容量と自分の使い方に合った切り方を考えるといいと思います。


ハードディスクデータ復旧,ディスクデータ復旧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。