ハードディスク データ復旧カテゴリの記事一覧

データ障害(‐しょうがい)



データ障害(‐しょうがい)とは、ハードディスクドライブ等のメディアが故障し、データの読み書きができなくなった状態のこと。

データ障害の種類は主に論理障害と物理障害に分かれる。


論理障害
論理障害(ろんりしょうがい)とは、データ障害のうち、機器自体は故障していないにもかかわらず、内部の電磁的記録に障害が発生したもの。

具体的には、ファイルシステムの損傷や、OSの不具合、誤操作によるファイル削除などが該当する。ハードディスクドライブの論理障害は、「論理的な障害」「ソフトウェア障害」などと呼ばれる場合もある。また、OSのファイルが消失したり、損傷しているためにコンピューターを起動できなくなった場合、ウィルスに感染してPCがクラッシュしたケース、また誤ってファイルやフォルダを削除してしまったケースも、論理障害に該当する。

マスターブートレコード、パーティションテーブルやブートセクタなどが、突発的なエラーや誤操作によって損傷を受けた場合、パーティションが認識されなくなったり、OSが起動できなくなることもある。

また、ファイルの管理領域であるマスターファイルテーブルやファイルアロケーションテーブルが、突発的なエラーなどによって損傷を受けた場合、ファイルにアクセスできなくなるなどの不具合が生じる。

論理的な障害の復旧の可能性は、発生した不具合や実施した誤操作の内容、OSおよびファイルシステムの種類、そして障害発生後実施した処置に左右される。特に、障害発生後に実施した措置によっては、データ復旧の可能性が完全に失われてしまう場合もある。


物理障害
物理障害(ぶつりしょうがい)とは、データ障害のうち、ハードウェアなど機器自体に発生したもの。

ヘッドクラッシュや、PCB(ハードディスクドライブの基盤)不良、スピンドルモーターの不良やベアリングの焼きつき、プラッターのアライメントが狂ったもの、ハードディスクドライブのファームウェア不良、メディアダメージや不良セクタ、メディアの熱膨張によるオフトラックなどは物理障害に該当する。

上記のような故障が発生した場合、ハードディスクドライブが異音を発する、アクセススピードが著しく低下する、ハードディスクドライブがスピンしない、ハードディスクドライブがBIOSで認識されないなどの症状が代表的である。また、ハードディスクドライブを水没させてしまったり、火災などで燃えてしまった場合、ハードディスクドライブを落とすなどして外的な衝撃を与えてしまった場合や、停電や強制終了などによってシステムを正常に終了させられなかった場合や、高温・多湿な環境でハードディスクドライブを長時間動作させた場合、経年劣化などによっても発生する。

論理的な障害であれば、市販ソフトを利用することによって、データの復旧が可能となるケースもあるが、ヘッドクラッシュなどの物理障害は、クリーンルームなどのクリーンな環境でハードディスクドライブを分解し、ハードウェア的な修復措置を実施しなければデータを復旧することはできず、ファームウェアの不良や、システムエリアの不良なども、特殊ツールを用いて復旧作業を行なう必要がある。

物理障害が発生したハードディスクドライブは、通電してドライブをスピンさせるだけで、プラッターへの損傷が拡大し、復旧の可能性が低下するケースもあることから、データを早期復旧したい場合は設備機械の整っている専門のデータ復旧業者へ復旧する必要がある。

国内で物理障害に対応しているデータ復旧業者は数社しかいないといわれており、一般に障害の種類を論理障害か物理障害かなど自己診断する事は危険行為であり、みだりに自己復旧を試みようとするとデータ復旧の可能性を著しく低下させる恐れがあるため慎重になる必要がある。


データ復旧
デジタル化が進む今日では、個人は思い出の写真をデジタルカメラで、企業は顧客・決算データ等をデータベースで管理している。ハードディスクドライブが普及し、技術革新により記憶容量も大幅に増大してきた今現在だが、ハードディスクドライブなどの記録媒体は消耗品であり、経年劣化により正常に作動しなくなる事もある。重要データの復旧を業務とする、データ復旧業者が1990年代前半よりアメリカ合衆国で登場。1990年代後半には日本でも登場した。


ハードディスクデータ復旧,ディスクデータ復旧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。